流山市での葬儀と式場の確保

流山市内で葬儀を行う場合ですが、最初にしなければならないこととして、式場の場所と日時を決めることが挙げられます。

流山で葬儀の最新情報が知りたい方にはこちらです。

これがなければ関係者への通知なども行えませんので、通常は遺族のなかで話し合いをして、場合によっては葬儀社のスタッフなどとも相談をすることになります。


そこで具体的な流山市内の場所ですが、以前であれば自宅という選択肢はごく一般的でした。
しかし先祖代々の農家などの家系であればともかく、新興住宅街の一角に住んでいるような場合には、通夜や告別式に大勢が参列するだけのスペースの余裕がないほか、駐車場の確保なども考えなければなりません。こうしたことから、現在では流山市でも民間の葬祭ホールなどを活用することが増えています。

流山市民が使える公営の斎場もないわけではありませんが、火葬場と併設で周辺の自治体と共用している状態ですので、場所的には市外になってしまう点に注意が必要です。



結局は民間の葬祭ホールに落ち着くわけですが、こうした施設はもとから葬儀をすることが目的で設置されているものですので、当日に向けた準備がかなりしやすいというメリットがあります。

宗教ごとに異なる祭壇がすでに用意され、当日に向けて式場内に組み立てるだけのほか、僧侶や遺族の控室、受付のスペース、霊柩車が入る車寄せ、参列者のための広い駐車場などもあります。
幹線道路や駅にも近いことから、アクセス性という意味でもすぐれていますので、予約ができれば早めに手配すべきです。