脱毛の種類はどんなものがあるのか

脱毛の種類はどんなものがあるのか

脱毛には数種類存在します。


まずはエステサロンで主流となっている光脱毛。



これは複数の波長を含んだ光で広範囲に照射し、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていく方法です。

光(フラッシュ)は出力を一定に制限しているので、誰でも安全に扱えることができます。



こちらは光が強くないため、あまり痛みを感じません。



また、毛根の組織を破壊するようなものではないため、肌にやさしいとも言われています。


その中でもS.S.C.、IPLが人気です。

S.S.C.はイタリアで独自開発された美白成分、抑毛成分が含まれたジェルの上から光をあてて、それらの相乗効果で刺激のない美白制毛ができるというもので、美肌効果もあります。

VIOの処理をするときはこちらを選ぶ方が多いようです。一方、IPLは特殊な光を使用し、色素体してストレスを与える方法です。
1回の照射範囲が広いので広範囲のムダ毛処理を短時間でできます。


波長の幅が広いので部位によって毛の太さが違うさまざまなムダ毛に対応できます。

これらは全体的に肌にやさしい方法ですが、半永久的であり、時間が経つと再び毛が生えてくることもあります。

ただ、薄くなって生えてくるので、施術前のような自己処理は必要ありません。

次にレーザー脱毛です。
光脱毛との大きな違いは、照射する波長が異なることです。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用単一の波長のレーザーを用います。
なので、これは医療従事者でないと扱えません。出力が高いため痛みを感じることがありますが、麻酔クリームを事前に塗って痛みを和らげることもできます。

また、レーザーの場合は限りなく永久脱毛に近いと言えます。
1回あたりの値段はサロンよりも若干高めですが、5~6回で終了することがほとんどです。
アフターケアを医師に相談できることも安心できるメリットです。

Copyright (C) 2016 脱毛の種類はどんなものがあるのか All Rights Reserved.