病院によるレーザー脱毛を受けるメリット

病院によるレーザー脱毛を受けるメリット

病院の皮膚科やクリニックでは「レーザー脱毛」を受けることができます。
このレーザー式脱毛は、肌への刺激が強い代わりに強い脱毛効果があります。



レーザー式は皮膚の下にある毛根へ直接ダメージを与えます。
ダメージが与えられた毛は自然に抜け落ちます。

そのため、表面に毛が生えていない状態でも施術を受けられます。
施術に通っている間も、自宅での自己処理が可能です。


毛根から毛をなくすことができるため、どれだけ毛が濃くても効果があります。

とくにおすすめなのが、男性のヒゲや女性のデリケートゾーンといった毛が濃い部位です。



レーザー式の場合、効果は永久的に続くと言われています。

レーザーなので照射範囲が広く施術が短時間で終わるのもメリットです。


またレーザー式は効果が強いため、少ない回数で脱毛が終わります。

エステが扱われている光式は、18回の施術が目安になっているのに対し、レーザー式は5~6回の施術が目安になります。



これにより少ない料金で施術がすむということも利点です。

レーザー式は強い照射なので施術には必ず専門の医師が必要です。

専門の医師の施術を受けられるので安心できるといった精神的メリットがあります。

肌にトラブルがあった場合もすぐ診察してもらえるので安全です。


人気のエステやサロンと違い、予約が取りやすいというメリットもあります。

大きな病院ではお得なキャンペーンを行っている場合もありますので、インターネットなどで調べてみるのが良いでしょう。

Copyright (C) 2016 病院によるレーザー脱毛を受けるメリット All Rights Reserved.