脱毛の種類と効果の違い

脱毛の種類と効果の違い

脱毛には様々な種類のものがあり、効果の出方や持続期間もそれぞれ違っています。
まず、今一番主流な方法となっているレーザー方式とフラッシュ方式です。これらはメカニズムはほぼ同じ脱毛法で、特殊なレーザーまたは光を毛根部分に当て、熱ダメージを発生させて細胞を破壊することによってムダ毛を除去します。


1回の照射範囲が広いため施術が比較的短時間で終わるという点や、半永久的に持続する効果があるという点から非常に多くの人に利用される人気の方法となっています。



毛根には毛母細胞という体毛の発毛をつかさどる細胞が存在していますが、レーザーとフラッシュはこの細胞に熱を与え、細胞を壊して発毛機能を奪うことでムダ毛の再生を半永久的に停止させます。

せっかく脱毛をするなら長期間美しい仕上がりが持続する方法がいいという人には大変おすすめです。
その他の脱毛方法としては、ニードル方式やワックス方式があります。

ニードル方式はムダ毛の毛根に針を刺して、電流を流し毛母細胞を破壊することでムダ毛の再生を抑制するというものです。



毛根ひとつひとつに対して針を刺すという丁寧な施術ですので、1本1本確実にムダ毛を処理することができますが、施術に時間がかかるという点がデメリットです。


効果の持続はレーザー方式やフラッシュ方式と同じくほぼ半永久的とされています。


ワックス方式はその名の通りワックスを肌に塗り、一気に剥がすことでムダ毛を絡めとって脱毛するというシンプルな方法です。



効果の持続性は長くありませんが、短時間で一気に広範囲を処理できる部分が魅力の一つです。

Copyright (C) 2016 脱毛の種類と効果の違い All Rights Reserved.