流山市での火葬式による葬儀

流山市内で葬儀を執り行うに際して、近くにある葬儀社のスタッフに相談をした上で、プランを決めて段取りなどのいっさいを依頼することは、ごく普通に行われていることです。


もっともこのプランによってかなり料金にも開きがあり、すべて合わせると数百万円のオーダーになることもめずらしくはありません。

流山で葬儀のことならこちらのサイトにお任せください。

しかし経済的に困窮している家庭では、そもそも葬儀を出すだけの金銭的な余裕に乏しいこともあります。

こうした場合に利用できるプランとして、火葬式が挙げられます。

流山市内にかぎらず火葬式を取り扱っているという葬儀社はいくつかあるはずですので、事前に問い合わせをしておくのが無難です。

流山市内でも一般の葬儀の場合には、通夜と告別式の両方があり、それぞれ大勢の人々が参列するのがある種のパターンになっています。



しかし火葬式の場合は通夜も告別式もなく、遺体は納棺をすませたあと、そのまま自宅から火葬場と向かいますので、亡くなった人の家族や親族程度だけでささやかに弔いをするのが普通です。



僧侶なども呼ぶことはありませんが、お布施を渡すだけの余裕があれば、火葬場に呼ぶこともあります。火葬式で用意されるサービスとしては、御棺や骨壷、枕飾りなどの必要最低限の物品の用意にとどまります。


これに加えて流山市の場合は火葬場が市外になってしまうため、霊柩車や移動のためのワゴン車程度は準備しなければなりませんが、その場合の料金はプランに含まれている場合と、別立てになっている場合とがあります。